読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

となりの八朔の実は青い

となりの芝生が青くなくとも、そこに生る八朔の実というものは青く見えるはずさ。自分でも何言ってるかはわかんねえっす。

商品レビューっていいよね。

ふと思ったんですけど(こいついつもふと思ってんな)

商品レビューっていいよね。


自分の好きなものやおすすめのものを自分の言葉で伝える。大変素敵なことだと思います。実演販売の人は売れない商品を紹介するのが仕事ですが、レビュワーなら仕事じゃないので好きなものを紹介できますよね。まあ仕事でレビュワーやってる人は金もらって紹介なんてこともしてるんだろうけど。


とにもかくにも、僕もレビューやりたいなあって。なんとなくやりたいなあと始めたおブログなので、暇な時に暇な分書きたいもん書いてこうかなと思います。


なにレビューしようかな、って思ったんですけど、俺の好物って本当にピーマンの塩焼きなんですよ。マジで。バーベキューの主役はピーマンですよね。他にあえて挙げるとするなら、クッキーアイスサンドとキュウリと味噌汁、そしてポップコーン……


お?ポップコーンか。レビューとは違うけど、今まで食ってきた様々なコンビニやスーパーの様々なポップコーン。それを紹介してみようかな。


なんていう、とてつもない思いつきのポップコーン談義記事です。まあ、パーティとかでポップコーン出す時とかの参考にすれば?正直何出しても怒られはしないから大丈夫よ。ポップコーンは友情を繋ぐ。




それでは。



1.ファミリーマート ファミマコレクション ポップコーン ¥108

 ほのかな塩気、サクサク感、値段と量。どれもがなかなかいい感じ。ファミリーマートなんてそこら中に点在してるんで、サクッと買いに行けるのもGOOD。パッケージの基調となっている色が膨張色の白だからか、なんかデカく見える。そんな点でもオススメ。

 ちなみに、ファミマコレクションの中ではポップコーンの他にもミニクッキーとポテトチップスがオススメ。バイト帰りにファミマに通い夜食として菓子を買い漁った俺の最強っぷりを知れ。





2.トップバリュ ポップコーン ¥98

 正直たぶんどのポップコーンにも言うんだけど、いい感じの塩気とさっくり感。

 量も満足できるサイズで、100円玉だけで買えるお手頃価格。

 なんだかんだ言われがちなトップバリュですが、いい点は安いところ。金下ろしてくんの忘れて今100円しかねえ!って時でも軽食が取れる。なんて限られた状況なんだ。1円玉もちゃんと財布ん中入れとけや。

 まあ、100円あったらパンか何か食べたほうがエネルギーになるかもしれんけどね。



3.マイクポップコーン ¥時価

 言わずと知れたキング。最強。ただ、僕はポップコーンは塩味派なので、しょうゆという味がメインであるマイクポップコーンくんとは会う機会も会おうとする機会も中々ないのだ。

 ただ、そんな感覚を開けて食べるマイクポップコーンがズバ抜けて旨い。塩だけでは感じられない、奥の深い、じんわりとした味が楽しめる。時折異なる味も出したりしてるので、見かけたら買って食ってみよう。





4.西友 ポップコーン ¥48(たしか)〜

 実はえらくサイズダウンした。前は100円で買える大きめサイズの物があったのだが、なぜか小さいバージョンしか店に並ばなくなったのだ。探し求めて近場からちょっと遠出したついでに西友に立ち寄って探してみたが、ない。なんてこったい。

 ただ、味は少し濃いめでうまい。サイズダウンしたとはいえ価格がそのままなわけでもない。デカいサイズを1人で食う気分じゃないなあという場合はなんかの付け合わせ程度で買っていける、小回りのきくポップコーンである。




5.ミニストップ ポップコーン ¥108

 そもそもミニストップって全国区だっけ。

 味はコンビニポップコーンの中でも1位2位を争うレベルだと思う。全体的にはちょっと塩味濃いめかな?俺は超好き。

 最近食べてなくて商品名を忘れてしまいましたが、ミニストップに置いてある菓子パンで、円状のふんわりしたパンの真ん中にクリームが乗っかってるやつ、あれめっちゃ美味いんで今度昼飯にでも食ってみてください。やばいぞあれ。





6.コストコ ポップコーン 価格忘却

 レンジアップ(レンジでチンするやつ)式のポップコーン。

 正直、こいつがなかったら俺はポップコーンにハマっていなかっただろう。それほどまでに、私の運命を変えたポップコーン。

 レンジアップ式、コンロ調理式ポップコーンの最大の利点は、"温かさ"である。映画館でも味わえないような、出来立てホヤホヤが楽しめる。それで一袋この量ともなれば、とんでもねえことになる。

 オススメの食べ方は、まず普通にレンジでチンして、袋を少しだけ開け、塩を少し濃いくらいにふりかけ、袋を抑えながら破れないようにシェイクして、いただきます。という流れ。コストコに行って箱買いして、しばらく1日1個はこれ食ってた。だから顔に斑点が多いのかもしれない。

 とにもかくにも、ぜひ濃いくらいの味付けで食べてみてもらいたい。アツアツのポップコーンの香りを嗅ぎ、4、5個頬張れば、君もポップコーンの虜になること間違いなしだ。

 ただ、調理して食べるタイプのポップコーンには不発コーンという弾けなかったコーンがある場合がある。これは絶対に食べないこと。無理に噛むと、歯を傷つける原因になったり、最悪の場合ガリッとやって歯が折れてしまうかもしれないぞ。

























どうでしたかな?

ポップコーンとは意外にも色んなところにあって、色んな味付けがあります。ぜひ、自分のお気に入りポップコーンを探してみてね。

ちなみに、僕はポップコーンに関して1つ、格言というか、信条的なものを持っています。それは、







「ポップコーンは菓子ではなく飯である」